猿の言の葉

近畿・関西の皆様へ

2007年10月16日

今月末から、いいよ全国巡業公演がはじまります。東京を皮切りに北は仙台、南は熊本まで。演目は、八幡太郎義家の奥州征伐の物語「奥州安達ヶ原」、そして、源平合戦を主題とした「義経千本桜」から舞踊劇「吉野山」の二本立てです。静御前と佐藤忠信の道行きを描いた「吉野山」は、わが澤瀉屋(おもだかや)の家の芸であり、わたくしは2004年浅草公演以来の上演となります。

東京で初日を迎えると、すぐに近畿・関西圏での公演となりますが、中でも大阪は2002年松竹座以来じつに5年ぶりに訪れます。また、昔ながらの芝居小屋の風情を留める岐阜の相生座は、その杮落とし公演が伯父である猿之助さんによって行われたというたいへん所縁ある場所です。ちなみに、今回上演する澤瀉屋型の「奥州安達ヶ原」には、この地方に伝わる美濃歌舞伎の型が取り入れられています。

「歌舞伎は敷居が高い」「大都市の劇場は遠くてなかなか足が向かない」「一度も歌舞伎を観たことがない」という皆さん!ぜひこの機会にご覧頂ください!「わかった」「おもしろかった「感動した」素敵な劇場空間を皆さんと一緒に共有できることを楽しみにしています!


大阪 浪切ホール 

三重 桑名市民会館

岐阜 相生座 

京都 京都会館

祝・撮影終了

2007年10月01日

大河ドラマ「風林火山」の13ヶ月に及んだ撮影が終りました。クランクインは去年8月躑躅ヶ崎館でのロケ。信虎追放のため国境に向かうシーンでした。そして先月26日、四郎勝頼の元服式のシーンで、勘助役の内野さんよりひと足早く、無事にクランクアップ!今まで多くの出演者の皆さんを送り出してきた自分が、いよいよ送られる側に。さぞや感慨深いことだろうと予想していたのですが、後半、ひとり、またひとりとクランクアップを迎える人が続出する中、なんだか取り残された感が日々増していったので、撮了の瞬間は淋しいという気持ちよりも、やっとアップの仲間入りできたという喜びのほうが強かったというのが正直な感想です。

最終週のリハーサル現場などは、初期に比べて出演者の数が激減。残るは武田家臣団のみとなり、広い稽古場がじつに閑散として、寂しい雰囲気でし た。しかし、そこにいる誰もが、ともに最後まで戦った戦友のような境地だったと思います。一年という長い時間を一緒に過ごしたことで、家臣団の間には不思 議な絆が生まれていました。特に、加藤武さん、金田明夫さん、高橋和也さん、嘉島典俊さん、高橋一生さんは、晴信が元服した時からのお付き合いです。極寒 の中、吹雪に見舞われながらの長野ロケ、廃校で晴れ待ちした三浦ロケ、深夜に及んだスタジオ撮影...様々な思い出。あの頃が懐かしい!と言いつつも、ま だまだ放送は続くわけで、これまた妙な感じです。